古着の処分はどうしたらいい?

古着 処分

 

古着の処分をお考えですか?

 

ここでは古着の処分の方法についてまとめました。
古着の処分の方法にもいろいろありますが、ここでは無料でお得に処分できる方法を中心にご紹介します。
また、古着を単に処分するのではなく、寄付することも出来るんです。

 

ここでは古着を処分したいという方に向けて、その方法を全てまとめてご紹介したいと思います!
そのまま何も考えずに古着を捨ててしまう前に、こちらの古着の処分方法まとめをチェックしていってくださいね。


古着の処分方法は5つ

古着 処分

 

古着を処分したいという理由にもいろいろあると思います。
今流行りの断捨離を実行して、クローゼットやタンスの中の肥やしになっている古着をとにかく整理したいという人もいるでしょうし、衣替えをきっかけに着なくなった洋服を捨てたいという方も多いと思います。
あるいは大きくなってもう着れなくなってしまった子供服やベビー服をどうにかしたいと思っているママさんも多いと思います。

 

そんな方たちのために、古着のお得な処分方法についてまとめてみました。
古着の処分方法にもいろいろありますが、無料でお得に処分できる方法としては、大体5つぐらいあります。
ここでは5つの無料でお得な古着の処分方法について、一つずつご紹介していきますね。

 

古着を無料でお得に処分する方法は下記の5つです。

 

普通にゴミとして捨てる
無料の回収業者に引き取ってもらう
回収している店舗に持っていく
寄付する
捨てるのではなく売ることで処分する

 

古着を無料で処分する方法について、一つずつご紹介しますね♪

 

 

1.普通にゴミとして捨てる

古着 処分

 

古着を処分する方法として、一番最初に思いつくのは普通にごみとして捨てる方法だと思います。
ただ、古着をゴミとして捨てるのって結構難しいんですよね・・・。

 

というのは、そもそも古着を捨てる場合、どこに何のゴミとして捨てればいいかご存知ですか?
燃えるゴミでしょうか? それとも資源ごみ??
でも、ファスナーやチャックなどの金属部分もあるから、もしかして不燃ごみ??

 

結論からいうと、古着をゴミとして捨てる場合、何ゴミとして捨てればいいかは、お住まいの自治体によって変わってきます。
燃えるゴミとして捨ててOKのところもあれば、資源ごみとして回収しているところもあります。
また、ファスナーやチャックなどの金属部分については、そこだけ分別して不燃ごみとして出さないといけないところもあります。
大抵の自治体では、古着をそのまま燃えるゴミとして出してOKのところが多いのですが、古着をゴミとして捨てる場合には、必ずお住まいの自治体のルールをチェックしてから処分するようにしてください。

 

また、捨てる際の注意点としては、とくに下着類は外から見えないようにしましょう。
若い女性の場合、下着泥棒がいるぐらいなので、ゴミから下着を物色され、ストーカー被害にあったという話もあります。
古着をゴミとして捨てるというのは、意外と簡単ではないんですよね。

 

しかも、後ほどご紹介しますが、実は古着は売れてお金になる場合も結構あるんです。
古着が売れるということを知らずに、そのままゴミとして捨てる人も多いのですが、もしもお金になるんだったら本当にもったいないですよね。
ゴミとして捨ててしまう前に、もしかしたら売れるかもしれないことにも注意してください。

 

 

2.無料の回収業者に引き取ってもらう

古着 処分

 

古着を無料で処分する2番目の方法としては、回収業者に引き取ってもらうという方法です。
お住まいの各地域に、古着などを回収している回収業者さんがいると思うので、そういう業者さんに連絡して古着を引き取ってもらうというのもよい方法だと思います。

 

ただ注意しないいけないのは、古着の回収が無料かどうかということです。
中には古着を引き取りにくる出張代などを請求されるケースもあるようなので注意しましょう。
回収業者さんに古着の回収をお願いする場合は、お金がかかるかどうかを事前に必ず確認してから依頼するようにしましょう。
こういった回収業者さんでは、回収した古着をそのまま古着として販売したり、繊維製品の減量としてリサイクルすることで利益を得ています。
つまり、そもそも古着というのは、リユース市場、リサイクル市場で売れる可能性がある資源ということになります。
後ほどご紹介しますが、古着というのは売れる可能性があるので、処分したり引き取ってもらう前に、もしかしたら売れるかもしれないということは十分に注意しておいた方がいいです。

 

また、古着の回収については、お住まいの自治体が公共施設などで定期的におこなっている場合もあります。
古着を回収してもらいたいという場合は、お住まいの自治体に一度問い合わせしてみるといいかもしれません。

 

3.回収している店舗に持っていく

古着 処分

 

古着の回収は回収業者さんや自治体だけではありません。
洋服を売っているお店やブランド自体が古着を回収するサービスを実施していることもあります。
経済産業省によると衣類を含む繊維製品のゴミが年間で170万トンほとが出るそうなのですが、そのうちリサイクルにまわされるのはわずか10%ほどだそうです。
そのため、衣類のリサイクルを推進していくため、企業にも古着の回収努力が課されているそうです。
そんな中、古着を回収してリサイクルしているお店、企業、ブランドも結構あります。
そういったお店に古着を回収してもらうと、無料で処分できるどころか、クーポンなどをもらえる場合もあります。
ここでは無料でお得に古着を処分できるお店、企業、ブランドをご紹介します。

 

ファーストリテーリングではユニクロ、GUの全商品を無料で回収

古着 処分

 

ユニクロやGUなど、ファストファッション系のブランドを展開する株式会社ファーストリテーリングでも古着のリサイクル活動を推進しています。
ユニクロの店舗にはリサイクルボックスが設置されており、このリサイクルボックスで常時古着の回収を受付しています。

 

受付しているのはユニクロ、GUの全商品です。
洋服以外でも、ユニクロ、GUの商品であれば何でも無料で回収してくれます。
ユニクロ、GUの商品であれば、下着でも靴下でも何でもOKです。

 

逆に言うと、ユニクロ、GU以外の古着は回収不可なので注意してください。
クーポンなどはもらえないのですが、ユニクロやGUの古着であれば無料で回収してもらえて処分できるのでおすすめです。


 

H&Mでは他社の古着も無料で回収し、さらにクーポンまでもらえる

古着 処分

 

ファストファッションとして人気のH&Mでも古着のリサイクル活動を推進しています。
H&Mの古着回収のすごいところは、H&Mの商品でなくとも、他社の古着でも無料で回収してくれるということ。
しかも、無料で回収どころか、H&Mで利用できるクーポンまでもらえるのですごいお得です。
H&Mで古着を回収してもらう場合は、袋に古着をつめて店員さんに渡すだけでOKです。

 

1袋につき1枚のクーポンをもらえます。
クーポンはH&Mで3,000円以上購入するときに利用できるものなので、H&Mで洋服を買うつもりの人にとってはすごくお得です。

 

無印良品では年4回の無印良品週間の期間中ならクーポンもらえる

古着 処分

 

無印良品でも古着など繊維製品の回収をおこなっています。
対象は古着やタオルなど、繊維製品の全般です。
こちらは無印良品の商品限定で、他社の製品の回収は受付していません。
毎年4回ほど実施される無印良品週間の期間中であれば、お得な割引クーポンがもらえます。
無印良品の古着を処分したいなら、無印良品週間の期間中に店舗で回収してもらうのがお得ですね。

 

洋服の青山では下取りにより割引クーポンがもらえる

古着 処分

 

紳士服やスーツ専門の洋服の青山でもリサイクル活動をおこなっています。
こちらは洋服の青山商品限定で、他社の古着は受付していません。
スーツだけではなく、ビジネスウエア、レディース商品なども下取りの対象です。

 

不要なスーツなどを下取りにだすことで、洋服の青山で使える割引クーポンがもらえます。
割引額などについては下取りにだすものによって変わってくるそうです。
スーツなどの処分に困っている場合は、洋服の青山の下取りに出すのがおすすめです。

 

 

4.寄付する

古着 処分

 

古着を無料でお得に処分する4番目の方法としては、古着の寄付です。
もういらない服だとしても、まだまだ着れる洋服の場合、そのまま捨てるのは本当にもったいないです。
もちろん古着を売ることも出来ますが、寄付という選択肢もあります。

 

世界中には洋服などの衣類を必要としている人達はいっぱいいます。
開発途上国の恵まれない貧しい人達や、難民、災害被災者など、古着をもとめている人達はいっぱいいます。
そういった人達に簡単に古着を寄付するという方法もあるんです。

 

古着の寄付を受付しているNPOなどの団体はいっぱいありますが、ほとんどは送料がかかってしまいます。
送料についても寄付の一部として負担するのが一般的のようですが、実は送料無料で古着を寄付する方法もあるんです。

 

ブランディアは古着の寄付 世界第一位!

古着 処分

 

>>ブランディアについて詳しくはこちら

 

後ほどまたご紹介しますが、ブランディアというブランド宅配買取サイトでは古着の寄付も受付しています。
ブランディアはブランド宅配買取の最大手として、TVのCMもやっていて有名です。
運営会社のデファクトスタンダードは最近株式上場も果たして勢いに乗っていますが、その裏では古着をフィリピンの恵まれない子供達に寄付するという活動もずっと継続しておこなっているんです。
ブランディアでは買取できない古着について、フィリピンの恵まれない子供達やお年寄り達に寄付するという活動を継続しておこなっていて、今では古着の寄付点数が世界No1になったのだとか。
この古着の寄付数が世界第一位というのはギネス記録としても認定されています。

 

古着 処分

 

ブランディアを通して古着を寄付する方法はとても簡単で、ブランディアから送られてくる宅配買取キットというダンボールに古着をつめて送り返すだけでOKです。
送料などは一切かかりません。

 

ブランディアであれば、送料無料で古着を簡単に寄付できてしまうのでおすすめです。
どうせ捨てて処分するしかないと思っていた古着なのに、寄付することで誰かにまた着てもらえるというのは嬉しいですよね。
古着を捨てて処分するぐらいなら、ブランディアを通して送料無料で寄付することをおすすめします。

 

>>ブランディアで古着の寄付するならこちらから

 

 

 

5.捨てるのではなく売ることで処分する

古着 処分

 

古着を無料で処分するおすすめの方法の最後は、売るということです。
すでに何度かご紹介しましたが、実は古着というのは売れる可能性があるんです。
無料で処分どころか、売ることでお金をもらえてしまう可能性もあるので、まずは売れるかどうかチェックしてみることをおすすめします。

 

古着を売る場合、そのまま古着として買い取ってもらえる場合もあるし、繊維製品のリサイクルの原料として買い取ってもらえる場合もあります。
どうせ古着なんてゴミとして捨てるしかないと思っている人も多いですが、実は売れる可能性があるので注意してください。
そのまま何も考えずに古着を処分してしまうのは本当にもったいないです。
ここでは古着を売る方法についてまとめてみました。

 

古着を売る方法としては、主に4つの方法があります。

 

古着買取サイトの宅配買取を利用する
リサイクルショップや古着買取店に持ち込む
ヤフオクやメルカリに出品して売る
フリーマーケットに出品する

 

古着を売る方法にも上記の4つのパターンがありますが、売りたい古着の種類によっておすすめの方法は異なってきます。
また、それぞれの方法にはメリットもデメリットもあります。
自分が売りたいと思う古着の種類、メリットやデメリットを勘案して、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

 

ここでは、古着を売るそれぞれの方法についてご紹介します。
古着を処分する前に、売る方法についてもチェックしていってくださいね。

 

1.古着買取サイトの宅配買取を利用する

古着 処分

 

古着を売る方法の一つ目としては、古着買取サイトの利用です。
最近では、宅配買取といって、ダンボールにいらない古着をつめて送るだけで買取してくれるという古着買取サイトも増えています。
一番有名なのが先ほどもご紹介したブランディアというサイトです。
ブランディアは、ブランド買取業界において宅配買取という新しいサービスを一番最初にはじめた宅配買取のパイオニアです。
最近はブランディア以外にも宅配買取をおこなっている古着買取サイトはいっぱいあります。

 

宅配買取ではダンボールに古着を詰めて送るだけで簡単に売ることができます。
ほとんどの古着買取サイトは完全無料です。
送料、査定料、買取手数料などは一切かかりません。
さらに査定額に納得できないときは買取キャンセルももちろんOK。
その場合も無料で返品してくれるところがほとんどです。
査定だけでもOKなので、とりあえず古着を捨てて処分するぐらいなら、どれぐらいで売れる可能性があるのかをチェックするために古着買取サイトの無料査定をとりあえず試してみるというのもアリだと思います。

 

ただし、宅配買取サイトを利用する場合、注意しないといけないのは、買取可能なブランドかどうかということ。
ブランディアなど、多くの古着買取サイトでは、買取可能なブランドの指定があります。
ブランディアでは約6,000ブランドの古着を買取可能ですが、ユニクロやGU、無印良品といったファストファッションの古着は買取NGとなっています。
また、ノーブランドの古着も買取不可です。
売りたい古着のブランドが買取可能なものかどうかを事前にチェックする必要があります。

 

ユニクロやGU、H&M、ZARAといったファストファッションの古着は宅配買取では一切売れないというわけではなく、例えばフクウロやウルウルといった古着買取サイトであれば買い取り可能のようです。
また、買取王子というサイトであれば、ノーブランドの古着でも買取可能のようです。
売りたい古着のブランドを買取可能かどうかを事前にチェックしたうえで、古着の宅配買取サイトを利用するようにしましょう。
ちなみに、ブランディアであれば、買取不可の古着は、そのままフィリピンなど開発途上故国の恵まれない子供達へ寄付されることになります。
どうせ売れないなら寄付でもOKという方は、ブランディアの宅配買取がおすすめです。

 

古着買取おすすめランキング2016年最新版

 

2.リサイクルショップや古着買取店に持ち込む

古着 処分

 

古着を売る2番目の方法としては、リサイクルショップや古着買取店に持ち込んで売るというものです。
最近は、古着を専門に買取している古着買取店というのも増えてきました。
有名なところでは、セカンドストリート、ジャンブルストア、ドンドンタウンなどがありますね。

 

こういった店舗に持ち込んで売る場合のメリットとしては、すぐにその場で現金で買い取ってくれるということです。
すぐにお金が必要という人にはむいていますが、買取金額はあまり期待しない方がいいです。

 

こういった古着買取店の場合、古着を1枚ずつ査定して買い取るというよりも、まとめていくらとか、重さでいくらというよに買取しているところが多いです。
例えば、キングファミリーという古着買取店の場合、お店で再販が可能な古着については1kgあたり150円。
お店で再販が不可能な古着の場合、繊維製品の原料としてリサイクルするための買取となり、1kgあたり1円での買取となるそうです。
この場合、その古着のブランドなどはほとんど考慮されません。

 

 

有名なブランドであったり、希少性の高いブランドの古着であろうか、1kgあたりいくらという査定となるため、不当に安く買い取られてしまうことになります。
ブランドものの古着や希少性の高い古着については、こういったお店に持ち込むよりも、ブランディアなどブランド買取サイトの査定に出したり、ヤフオクなどで自分で売ることをおすすめします。

 

3.ヤフオクやメルカリに出品して売る

古着 処分

 

古着を売る3つ目の方法としては、ヤフオクやメルカリに出品して自分で売るというもの。
ネットオークションとしては、ヤフオク以外にも楽天オークション、ビッダーズなどいろいろあります。
自分で出品して売るメリットとしては、自分で価格を設定して売れるということです。
その古着を欲しいという人に直接売ることが出来るため、買取店や買取サイトへのマージンがかからず、より高く売れる可能性があります。
デメリットとしては、出品や発送の手間が結構面倒くさいということ。
また、どういう人に落札されるのか分からないので、何らかのトラブルに巻き込まれる危険性もあるということです。

 

古着 処分

もう一つ一番怖いこととしては、万が一、出品した古着が偽物のブランドものであった場合のトラブルです。

オークションに偽物のブランドを出品することは犯罪行為になります。
偽物だと知らなかったとしても、罪に問われる可能性があります。

 

偽物のブランド品を出品してしまうリスクを避けるためにも、とりあえず一度はブランド買取サイトの無料査定に出してみることをおすすめします。
ブランド買取サイトの無料査定を受ければ、その古着のブランドが本物か偽物かが分かります。
実際にはブランドの真贋は教えてもらえないのですが、もしも偽物だったら買取不可といわれるはずです。
(ブランドの真贋はそのブランドしか言ってはいけないという決まりがあるためです)
もしもブランド買取サイトの無料査定で買取不可といわれたブランドの古着は、偽物である可能性が高いため、ヤフオクやメルカリに出品するのは避けておいた方が無難です。
ブランド買取サイトの査定は完全無料で返品も無料なので、とりあえずヤフオクやメルカリに出品する前に、一度は無料査定に出してみることをおすすめします。

 

4.フリーマーケットに出品する

古着 処分

 

古着を売る最後の方法としては、フリーマーケットなどに出品して自分で売るというもの。
ヤフオクやメルカリに出品するのと同じですが、ネットはちょっと苦手・・・という人におすすめです。
こちらの場合も、自分で値段を設定して古着を売ることができるので、売り方によっては高く売れる可能性もあります。

 

メリットとしては高く売れる可能性もあるということですが、デメリットとしては出店料のコストが結構高いというもの。
フリーマーケットといってもいろいろあると思いますが、平均として出店料が2,000円ぐらいかかるのが一般的のようです。
出店料2,000円を払った上で利益を出すためには、結構大量の古着を売る必要があります。
とはいえ、そんなに大量の古着を売るのはプロでも難しいところ・・・。
素人がフリーマーケットで古着を売って利益を得るのは厳しいというのが実情だと思います。

 

フリーマーケットといっても、もっと小規模なものもいっぱいあります。
例えば、保育園や小学校のバザーとか、そういったものに出品して売るというのもいいかもしれません。
とはいえ、この場合は利益を得るというよりはチャリティが趣旨だと思うので、古着買取店に売るよりも安い金額でしか売れないかもしれません。
古着を売るのならフリーマーケットで自分で売るよりも、古着買取店やブランド買取サイトを利用する方がおすすめだと思います。


古着を大量に処分するもっとも簡単で確実な方法とは

古着 処分

 

自宅に古着が大量にある場合、邪魔になるだけなので、家を片付ける際に、処分することをオススメします。
着る事の無いものをいくら置いていても生活に支障をきたす事ばっかりです。
大量の古着を思い切って断捨離してみましょう!

 

古着の処分方法は、ゴミ袋に詰め込んで、近くのゴミ捨て場に置いてくるのが、手軽な方法ですね。
ですが、ゴミ置き場が遠かったり、古着に金属などが付いている物がある時には、仕分けをしなければいけないので、面倒な作業となってしまいます。
また一袋が重いと、ゴミ置き場と、自宅を何往復もしなければならないので、肉体的に疲労が溜まります。

 

手間もかけず、お金もかけないで処分をする方法はあるのでしょうか?
調べてみました!

 

結果、1番オススメできるのは、リサイクル業者を利用すること。

 

持込みでは無く、郵送で行えるリサイクル業者がいます。
送料も着払いで、いらない物をダンボールに詰め込み、運送屋に電話をするだけ。
簡単な物で大量であっても処分する事が出来ます。

 

古着であっても大量であっても、買取価格が査定できるものであれば、買取価格が提示されます。
その買取査定額が納得のいく価格であれば、その金額で買い取ってくれるという物です。
古着を処分したくて行う物なので、ほんのわずかでも現金になれれば一石二鳥と言う感じで、得した気分になれますね。

 

送る時の運送料も買取側の負担になるので、手間といえば運送屋に引き取り依頼して、持ち込み、もしくは引き取りにきてもらうことだけ。
損をしてしまうとか、後から請求が来るとかはまったく無いので安心して利用する事が出来るのです。

 

実際に宅配で買取をしてもらえる業者さんを探してみたところ、TVCMでも有名なブックオフでやっていました。
詳しくご説明しますね。

 

 

古着の処分はブックオフでもできるらしい!

古着 処分

お気に入りだがサイズが合わなくなってしまった、勢いで買ったものの自分には合わない服だったなど様々な理由から着ることがなくなった古着があるという方も多いでしょう。

 

とはいえタンスの肥やしにしておくのは邪魔だと感じていても、リサイクルショップへ持っていくのが面倒でそのままにしてしまいがちです。
捨てることもできますが、場合によってはお金がかかる上にほとんど着ていないケースだと非常にもったいないといえるでしょう。
フリーマーケットやネットオークションであればお金に変えることができるものの、手間も多いだけでなく売れ残ってしまうことも珍しくありません。

 

面倒なのは嫌だがどうにかしたい、そういった古着の処分に迷ったときに便利なのがブックオフです。

 

古本で有名なブックオフですが本以外にも色々なものの買取を受け付けていて、古着もその内の1つです。

 

レディースファッションはもちろんのことメンズファッションやキッズ服、ブーツやバッグといった服飾雑貨など幅広く処分することができます。
また家庭での洗濯だけで大丈夫なので、買い取ってもらうためにわざわざクリーニングに出す必要はありません。
量が多い上に取扱店舗まで少し遠いといった場合でも、対象エリアであれば無料で出張して古着を回収してくれます。

 

単純に処分するのではなく買い取りという形になるので手軽に古着をお金へと変えることができ、これから新しい服を買うためにも役立ちます。

 

 

汚れている古着の処分。無料で回収してくれるのはどこ?

古着 処分

近年では、断捨離ブームやミニマリストの増加によって手持ちの服の数を減らすため、着なくなった服や汚れた古着を処分する人が増えてきました。
これらは、ゴミとして処分することも可能ではありますが、使えるものを捨ててしまうのには抵抗のある人もいます。

 

特に、服に関しては古くなったり、汚れがついていたとしても細かく分断することで繊維として再利用することができます。
なので、できることであれば汚れた古着に関してゴミとして捨ててしまうよりは、無料で回収してくれ、再利用をしてくれることを希望する人が多くいます。

 

そんな古着の処分先として、今話題を集めているのがリサイクルストアです。
リサイクルストアの多くが、古着の販売をしており、着なくなった服やいらなくなった服を買取ってくれ、それを必要とする人に販売しています。

 

また、値段のつかない古着に関しても、それらを無料で回収をしてくれるサービスがあります。
こうして、回収された服は途上国へ寄付されたり、資源として再利用されるのです。
そのため、たとえ汚れのついた服であっても無駄にすることなく、再利用することが可能になるのです。

 

リサイクルストアによっては、店の外に古着の回収ボックスを設けている店もあり、その数も増えています。
こうした回収ボックスを利用すれば、スムーズに服の処分を行うことができます。
そのため、最近では古着の処分をするためにリサイクルストアへ足を運ぶ人が増えています。

 

 


http://www.tenutabarno.com/ http://www.chiffonadi.com/ http://www.bh2associates.com/ http://www.sellforeigncoin.com/ http://www.carpet-fitters-salisbury.com/ http://www.gigantesdeguayana2010.com/ http://www.zantekladis.com/ http://www.xuxinyou.com/ http://www.cuckoldmovies.org/ http://www.lafolledulogis.com/