古着の処分方法は地域によって違う?一番お得に捨てられるのは?

みなさんは使わなくなった洋服をどのように処分していますか?

 

フリーマーケットで売ったり、ネットに出品したり、古着屋に持って行ったり、そもそも一括で捨ててしまうという方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は古着の処分方法の紹介と、お得に古着を処分してくれる「買取サービス」について紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

 

古着の処分方法は地域によってどう違う?

古着の処分は地域によって差がありますが、多くが不要な衣類を「可燃処分」しているのが現状です。
つまり「燃えるゴミの日」に出してしまえば、ほとんどの地域で処分してくれるという事ですね。
一方で、地域によって「不燃ごみ」としてしか処分できない地域も存在します。

 

また、「古布」として「リサイクル回収」に当たる市町村も存在しています。
可燃ごみや不燃ごみで捨てられてしまうより、リサイクルで回収された方が長く着てきた服に対する気持ち的にも良いでしょう。

 

古着を処分する前に一度お住まいの市町村のルールを確認しておくことが重要です。

 

ちなみに、市町村が民間企業にリサイクル品の回収を委託している場合もあります。
そういったケースでは、回収された古着がそのまま海外(特に東南アジア)に輸出している事もあります。

 

なんといっても日本製の古着は価値が高く、海外で重宝されるようです。

 

お得に古着を処分するなら買取サービス!

ゴミやリサイクルとして処分するのもいいけど、せっかく高いお金をかけて買った服なのだから少しでもお金にしたい!と考えている方は少なくありません。

 

現代では、少しの手間は惜しまずネットショップやネットオークションなどに出品して、古着を売買している人も多いです。

 

実際に買った時に近い値段が付くこともあり、手軽に始められる処分ツールとして、テレビでも様々な企業がネットでの出品を呼び掛けていることからも人気なのが分かりますね。

 

ただ、ネット出品が全ての人に合っているかと言われれば、そんなことはありません。
出品の煩雑さと受け取る金額を考えたらゴミで処分してしまった方が楽だと考える人が多いのも事実です。

 

そこで登場したのが「買取サービス」です。

 

買取りサービスとは何かと言いますと、簡単に言えば「段ボールに古着を詰め込んで送るサービス」となります。

 

そして買取りしてくれる企業によってその古着を査定し、査定の金額が気に入ればお金を振り込んでくれるというものです。

 

ZOZOTOWNなど日本でも多くの企業がこの買取サービスを取り入れています。

 

利用者は写真を撮ったり商品説明をしたりする手間が省け、また送っただけで勝手に査定してくれるため大人気のサービスとなっています。

 

買取り企業によって査定金額や査定基準に差があります。
自分が売りたいもののジャンルがある場合(特にブランド品など)そのジャンルに特化している買取サービス業者があれば、そこに委託すると高価買取してくれる場合があります。

 

また査定スピードにも差があり、送る際に段ボールがいくつもらえるか、手続きは面倒ではないかなど様々な差が存在します。
そのため、自分に合った買取り業者を探すことも大切です。

 

一度利用するとその手軽さからネット販売やごみ処分ではもったいないと感じる方も多いようです。
皆さんも一度利用体験してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今まで長い間利用してきた服を手放す時、ゴミ・リサイクル・買取サービス、様々な方法で古着を処分することが可能です。

 

ただ、少しでも誰かの役に立てるなら、少しでもお金になるならと買取サービスを利用する方が増えてきているのが事実です。

 

もったいないが叫ばれる世の中です。
是非皆さんも古着を捨てずに買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

 

参考:古着の処分なら>>