服を捨てる基準やタイミング。いつが捨て時なのか考えてみた。

服を捨てる基準やタイミング。いつが捨て時なのか考えてみた。

 

誰でもタンスやクローゼットに着なくなった服の一枚や二枚はあるでしょう。
気づけばどんどん増えてしまい処分に困っている人もいるのではないでしょうか?

 

あまり着ていない服は捨てるタイミングに困りますね。
でもいつか着るかもという服は永遠に着ない事が多いのです。
何となくずっとタンスに入れっぱなし、何となく似合わなくなった。
そんな時が手放すタイミングなのです。
そして捨てるのがもったいないと言う人は迷わずリサイクルショップへ出しましょう。
捨てる罪悪感も無くなるし、臨時収入になるかもしれません。

 

高く売れる基準はやっぱり人気ブランドです。
綺麗に使っていたり、未使用で値札の付いたままだとさらに買取金額は高くなります。
季節も大切です。夏に冬ものを売っても高く売れません。
次の季節が来る少し前がねらい目です。店側でも今どの季節の服が高く売れるか提示してくれています。

 

売る時はほつれが無いか、ボタンが取れて無いかもチェックします。
できればアイロンがけをしてきちんと畳んだり、少しでも綺麗に見えるようにするのがポイントです。

 

でもなかなか洋服の高額買取は難しいです。
今は値段の付かないような服でもキロ単位などで買い取ってくれる店もあります。
家族の分も集めて沢山持っていくのもいいですね。
大量にあって店まで持っていくのが大変な人は宅配買取をやってくれる店もあるので利用してみましょう。

 

いつまでも着ない服をタンスの肥やしにしておくのはもったいないです。
上手に手放してタンスの中を入れ替えてみてください。